がんは早期に判明すれば治癒できる可能性が高まります。
しかし早期には症状がありません。がん検診では負担のない検査で早期発見をはかります。

当院では、肺がん、大腸がん、前立腺がん、胃がんリスクの検診を行っています。

また肝炎ウイルス検査も検診で受けていただけます。

いずれも市から郵送される受診券をお持ちください。

がん検診

肺がん検診(検診期間:6月1日~10月31日)600円
大腸がん検診(検診期間:6月1日~10月31日)600円
前立腺がん検診(検診期間:6月1日~10月31日)1,000円
胃がんリスク検診(検診期間:6月1日~10月31日)1,000円

●肺がん検診の対象:40歳以上の方

●大腸がん検診の対象:40歳以上の方

●前立腺がん検診の対象:50歳以上の男性

●胃がんリスク検診の対象:
 4月1日から翌年の3月31日までに40・45・50・55・60・65・70歳の誕生日を迎える方
 ただし次に該当する方は数値が正確にでないため、受けることができません。
  ・ピロリ菌除菌治療を過去に受けたことがある方
  ・胃の切除術を受けたことがある方
  ・腎不全(クレアチニン3.0mg/dl以上)の方
  ・胃や十二指腸疾患で治療中であり、定期的に内視鏡検査を受けている方

肺がん健診胸部レントゲン検査を行います。
当院の呼吸器専門の医師による読影と、医師会二次読影の二段構えとなっています。
大腸がん検診便潜血検査でお調べします。
前立腺がん検診血液検査でお調べします。 血液中にある前立腺に特異的なタンパクであるPSAを測定します。
胃がんリスク検診
(ABC検診)
血液検査(ペプシノゲン量、ヘリコバクター・ピロリ菌抗体)で胃がんの発症リスクを調べます。

肝炎ウイルス検診

肝炎ウイルス検診(検診期間:6月1日~10月31日)1,000円

●肝炎ウイルス検診の対象:
①4月1日から翌年の3月31日までに40歳の誕生日を迎える方

②41歳以上の方で次の要件に該当する方
1)過去の健康診査の結果において、肝機能異常と判定された方で、その後肝機能検査を受診していない方
2)これまで肝炎ウイルス検診の対象者であって受診をしなかった方

肝炎ウイルス検診血液検査でお調べします。
(1)HBs抗原検査(B型検査)
(2)HCV抗体検査(C型検査)

診療時間

 日祝
9:00~12:00
15:00~18:30

▲…土曜日は、8:30~12:00/午後休診
◎…月曜日は、9:00~12:00/15:00~19:30
休診日…火曜・日曜・祝日